子どもにDHAサプリが必要な理由

子どもの脳や目の成長にとても重要なDHA(ドコサヘキサエン酸)ですが、日本人全体のDHAの摂取量は年々減少していますから、子どもたちの多くも1日の必要量を満たしていないのが現状のようですね。

 

でも、脳の発達が著しい子どもたち(特に2〜12歳)こそ、余計にDHAを意識して摂らなくてはなりません。

 

このページではお子様向けのDHAサプリメントを、サイト運営者の独断と偏見で1位〜3位までランキングしています。

 

子供向けのDHAサプリは飲みやすさが大事

小粒のサプリメント

 

DHAサプリメントはブームにもなっているため、実に多種多様な製品が出回っていますが、子どもに飲ませるためにはどのようなものが適しているのでしょうか?

 

一般向けのものでは、DHAやEPA((エイコサペンタエン酸)の含有量、酸化への対策、コスパなどが重視されます。

 

しかし、お子様向けのサプリメントでは、まずは飲みやすさと安全性を第一に考えることが大切だと思います。

 

というのも、DHAは魚から抽出されることが多いため、製品によっては生臭さや魚臭さが少し気になることがあるのです。

 

大人でも臭いが気になるくらいですから、子どもの場合はさらにニオイを嫌って飲まなくなる可能が高くなります。

 

毎日飲み続けてはじめて成長をサポートしてくれるのがサプリですから、毎回飲ませるのが大変だったり、子どもが完全に拒否するようになったら意味がありませんよね。

 

もう一つのポイントである安全性という面では、たとえば錠剤タイプの場合に、その大きさも注意しなくてはなりません。

 

比較的幼いお子さんの場合には、何かの拍子に喉に詰まらせることがないとは言えません。この点で、普通に成人が使用しているようなサプリメントでは、少し心配なことがあります。

 

またこれはDHAサプリメントに限らないことですが、使われている原材料が安全かどうかという問題もあります。

 

魚群

 

特に魚に水銀が蓄積されていることが世界的な問題になっていますから、あまり検査体制の整っていないようなメーカーのものでは心配ですよね。

 

子どもの頃は、肝臓などの解毒器官が未熟なため、不純物の影響を体に受けやすいですから、毎日飲むものほど材料の安全性には気をつけなくてはなりません。

 

まとめると、子どもに与えるDHAサプリメントとして理想的なのは、臭いが気にならず大きさや原材料が安全なものといえるのではないでしょうか。

 

子供用DHAサプリメント ランキング!

子ども用のDHAサプリメントを特に飲みやすさと安全性、さらにはDHAの含有量や酸化対策、コスパなどの要素も検討してランキングしてみました。

 

子ども用DHAサプリメント1位 美健知箋EPA&DHA

子ども用DHAサプリメント1位 美健知箋EPA&DHAの特徴
 

美健知箋EPA&DHAの特徴は、

 

・製薬会社の安心品質
・直径3mmの小粒で飲みやすい大きさ
・特殊カプセルで臭いがしない
・DHA&EPAを1包750mg配合
・1,000円のお試し価格

 

という感じです。

価格 容量 評価
税込6,480円(送料別途) 30包入(約1ヶ月分) DHA,サプリ,子供
原材料
DHA・EPA含有精製魚油/ゼラチン/EPA含有製魚油/グリセリン/酸化防止剤(ビタミンE)
備考
定期便は初回1,000円(送料込)、2回目以降4,980円。初回で解約も可能
子ども用DHAサプリメント1位 美健知箋EPA&DHAの総評

何といってもユンケルで有名な佐藤製薬が出しているということで、品質に対する安心感や信頼感が違います。

 

DHAとEPAの配合量が1回分750mgということで、これは他のDHAサプリの平均的な配合量の2倍以上にあたり、国が定めている1日分のDHA・EPA推奨摂取量の1,000mgの4分の3を満たしています。

 

子どもで飲みやすい小粒で無臭のカプセルが使われているのも高い評価につながっています。(普通食が食べられる年齢のお子様から使用できますが、一度に飲んで喉に詰まらせないよう念のため親御さんがよく見守ってください)

 

本格的なサプリメントなので、発達面で気になるところがあったり、育てにくさを感じるようなお子様には特におすすめです。

詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓


 

 

子ども用DHAサプリメント2位 Dr.Dekisugi


子ども用DHAサプリメント2位 Dr.Dekisugiの特徴
 

Dr.Dekisugiの特徴は、
・DHA&EPAを1日分500mgの高配合
・話題の脳の栄養素ホスファチジルセリンを200mg配合
・ストレス対策に役立つGABAを30mg配合
・その他にも脳の働きをサポートする6つの成分を配合
・ISO9001取得の国内工場で製造
・ソフトカプセルで味やにおいが気にならない
・個別包装で劣化対策もしっかり
・60日間の返金保証付き

 

という感じです。

価格 容量 評価
定期コース8,800円(税別) 1箱60包(約1ヶ月分) DHA,サプリ,子供
原材料
DHA含有精製魚油、サフラワー油、ホスファチジルセリン含有リン脂質(大豆を含む)、ギャバ含有米胚芽抽出エキス、トコトリエノール含有米油抽出物、α-GPC含有食用精製加工油脂末(大豆を含む)、バコパモニエラ抽出物、イチョウ葉エキス末、カンカエキス末/ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、L-フェニルアラニン、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、酸化防止剤(フェルラ酸)、ビタミンB12
備考
定期コースは2回目以降はいつでも解約可能
子ども用DHAサプリメント2位 Dr.Dekisugiの総評

脳の学習機能を様々な成分でサポートする複合サプリメントです。DHA・EPAを高配合しているだけでなく、脳の血流を良くし脳細胞を活性化すると言われるホスファチジルセリンを200mgも配合している点に特徴があります。特に小学校高学年以上で学習面で気がかりのあるお子様のためのサプリメントとしてピッタリです。


詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓


 

子ども用DHAサプリメント3位 みんなのみかた

子ども用DHAサプリメント3位 「みんなのみかた」の特徴
 

「みんなのみかた」の特徴は、

 

・ヨーグルトテイストのジュースタイプ
・1本でDHA、EPAを350mg配合
・カルシウムとビタミンDも配合
・500円からのお試し価格
・人工甘味料、着色料不使用
・水産食料品で有名なニッスイの国内工場で製造

 

という感じです。

トライアル価格 容量 評価
税別500円(送料無料) 10本(1本125ml) DHA,サプリ,子供
原材料
殺菌済はっ酵乳、砂糖、乳等を主要原料とする食品、精製魚油/乳化剤、ビタミンC、グルコン酸Ca、安定剤(ペクチン、ローカストビーンガム)、香料、酸味料、ビタミンD、(一部に乳成分を含む)
備考
通常価格は30本入りで4,200円(税抜)
子ども用DHAサプリメント3位 「みんなのみかた」の総評

魚臭さを抑えたヨーグルト風味のジュースタイプということで、飲みやすさでは一番といえると思います。

 

1本で350mgのDHA・EPAを配合しているということで、これは配合量としてはなかなかのものです。

 

本格的なサプリとしては、やや力不足を感じるものの子どもが喜んで飲み続けてくれそうという点ではポイントが高いと思います。お試し価格500円なので、まずは子どもに合うかどうか試してみる価値はあると思います。

詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓


 

DHAで子どもの頭は良くなる?

 

「できれば頭の良い子に育ってほしい」

 

親なら誰でもそう願いますよね。

 

単に学校の勉強ができるだけなく、物分かりが良くて、まわりの人のこともよく観察して状況に合わせた言動のできる子になってほしいですよね。

 

そのような頭の良さは生まれつきのものもあるかもしれませんが、生まれた後の栄養も大きく影響します。

 

というのも、脳のDHA濃度が高いか低いかによって、学習能力や生活態度が変わってくるという研究報告があるからです。

 

例えば、イギリスのオックスフォード大学の研究報告によれば、493名の調査対象の子どもについて、血中のDHA濃度が読み能力や器用さ、認知能力と明らかに関係することを示すデータが出ました。さらにDHA濃度が高い子については、不注意など行動面での問題があまりないということが判明したのです。

 

DHAは脳内の情報伝達を円滑にする

家で勉強する子どもたち

 

DHAは人体では目に最も多く存在する脂質です。

 

次に多く存在するのが脳で、特に脳神経細胞の細胞膜を構成する成分となっています。

 

そして細胞膜のDHA濃度が濃いほど、細胞膜はやわらかくなり、脳細胞同士の情報伝達がスムーズにいくのだそうです。

 

脳細胞は互いに連携してはじめて効果的に働けますが、その神経細胞同士の連携のカギとなるのがDHAというわけです。

 

そのように考えると、DHAが不足するということがどれだけ深刻な事態なのかわかります。

 

もともと日本人は他国に比べて魚を多く食べてきたのでDHAの不足があまり問題になることはなかったようですが、徐々に魚の摂取量も減ってきていますから子供たちへの影響が心配ですね。

 

だからこそサプリなどを活用して、脳のDHA濃度が濃くなるようにサポートしてあげましょう。

 

成人では1日1,000mg以上のDHA・EPAを摂取することが推奨されていますが、小児もそれに近い数値を目標にすると良いようです。

 

魚を割と食べているご家庭と、ほとんど食べないご家庭ではサプリから摂取すべきDHAの量も変わってきますから、食生活の状況に合わせた配合量のサプリを選ぶと良いでょう。

 

毎日続けることが、脳内のDHAの不足を防ぎ、子どもの頭の回転を良くすることにもつながっていくことと思います。

 

子供のDHA摂取に関するよくある質問

DHAサプリメントはいつ飲ませたらいいですか?

特に飲ませる時間帯に決まりはありませんが、飲み忘れないためにも毎日決まった時間に飲むことと良いでしょう。胃腸が活発に働いている食後に飲むのがおすすめです。寝る直前などは胃腸を休めるためにも避けておいたほうがよいかもしれません。

DHAは魚で摂るよりもサプリメントがいいのでしょうか?

魚から摂れる栄養はDHAだけでなく良質のたんぱく質やカルシウムなども豊富に含まれています。ですから、DHAサプリメントは魚を食べる代わりにはなりません。しかし、魚嫌いの子供はどうしても食べる回数と量が少なくなりますし、またマグロやカツオなどの大型の魚には水銀が含まれており、解毒力の弱い乳幼児は食べ過ぎることは好ましくありません。それでDHAサプリを上手に活用して不足しがちな分を補うのが最善です。

EPA(エイコサペンタエン酸)とはどのような成分ですか?

EPAはDHAととても関係の深い成分です。どちらも魚の脂質に含まれる成分で、作用としてもよく似ています。しかしEPAがDHAと大きく異なるのは、脳まで届くことがないという点です。これは血液脳関門という脳を保護する関門において、DHAは通れてもEPAは通れないためです。では、EPAを摂取しても脳にはあまり効果はないかというとそうではなく、体内のEPAは必要に応じてDHAに変換される特徴があります。ですから、体内にしっかりとEPAを蓄えておくのはとても大切なのです。またEPAは血液をサラサラにする効果に優れており、健康面ですぐれた働きをします。

DHAを摂りすぎると何か害があるでしょうか?

体内のDHAの量は一定以上は増えることはなく、余ったものは排出されていきます。ですから、摂りすぎを心配する必要はありません。しかし、脂質であるので摂取しすぎると吐き気や下痢などにつながるという報告もあります。特に胃腸の弱い子の場合は、摂りすぎには注意が必要かもしれません。1日1g(1,000mg)を目安に摂取するぐらいがちょうどよいかもしれません。ちなみにアメリカの国の機関では、DHAの安全な1日の摂取量として3〜4gと定められていますから、かなりの程度までは許容量といえそうです。

DHAを1g(1,000mg)摂るためには魚ではどれくらいの量になりますか?

魚の種類や調理法によって異なりますが、焼き魚ならサンマ1/2匹程度、小ぶりのイワシなら約2匹分となります。刺し身では、マグロで4,5切れ、ブリで6,7切れになります。なかなか毎日食べるのは大変ですから、週に3回程度を魚料理にして少し多めに食べたり、 サプリメントを上手に活用していきましょう。

 

私が1番おすすめするのは1位の美健知箋EPA&DHA!

笑顔の親子

 

ここまで子供向けのをDHAサプリメントを3つご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのは、やっぱり1位の美健知箋EPA&DHAです。

 

本格的なDHAサプリメントとして申し分ない配合量ですし、酸化しやすいDHA・EPAに対する対策として特許取得のシームレスカプセルを採用しているという点は、さすが製薬会社の品質といえます。

 

子ども専用というわけではなく、本来は成人を対象に開発されたと思いますが、飲みやすい粒の大きさや無臭である点は、DHAをしっかりと与えたいお子様にピッタリです。

 

子どもの摂取に関しては、公式サイト内でも相談窓口が案内されており、不安なことは何でも相談できますから安心です。

 

飲みやすさ・安全性・安心感・品質・サポート体制などをトータルで考えるなら、やはり「美健知箋EPA&DHA」がおすすめです。

 

美健知箋EPA&DHAの詳細は以下の画像をクリックしてください。
↓ ↓ ↓