赤ちゃん・子どもの発達障害が疑われるときに役立つ本

赤ちゃんや幼児の発達障害は、早めに気づいてあげるほど改善の度合いが高くなると言われています。以下の本は、分かりやすい記入式の基礎調査表と評価シートが年代別についており、まずご家庭で発達障害の有無や専門機関に相談すべきかを判断するのに最適です。また「こだわりを強くさせない」「感覚過敏を直す」など対応方法の具体例も詳しく解説されており、正式な診断を受ける前のお子様には特におすすめです。

赤ちゃんから大人まで 気づいて・育てる 発達障害の完全ガイド 総合版 (健康ライブラリー)


やるべきこと