ため息を鼻息に変える魔法とは?

我が子を「育てにくい子」と認めざるを得ないのは、本当につらくて悲しい瞬間です。

 

あどけない表情や驚くような才能など、いいところがいっぱいあるはずなのに、どうしても可愛いと思えない、愛せない・・・

 

他の子と比べてしまって、その違いにがく然とし、落ち込んでしまう・・・

 

そうなると毎日が苦しくて、悔しくて、もう何もいいことなどないと感じてしまうかもしれません。

 

そのように、どうしてよいか分からずに溜め息をつく日々を過ごしておられるなら、前向きになるために必要なことは、考えすぎるのをやめてひたすらシンプルな目標に打ち込むということかもしれません。

 

これは現実逃避をするという意味ではありません。

 

目標をもって行動し続ければ、それがたとえ小さな行動だとしても、いずれ必ず自分やまわりに何かの変化を生じさせます。

 

その変化の中に現状から抜け出すためのヒントやチャンスが見つかることが多いのです。そして、そのことが希望をいだかせて気持ちを楽にしてくれたり、子どもに余裕をもって接する助けになったりします。

 

特に取り組む目標が子どもの成長や育てにくさの改善に役立つことなら、なおさらやりがいがあるのではないでしょうか。

 

そこでおすすめしたい目標が、子どものための食事療法に取り組むということです。

 

育てにくさ・脳・栄養

そもそも「育てにくさ」というのは、どこからくるのでしょうか?

 

物事のとらえ方が他の子と違っていたり、感情のコントロールが苦手だったり、これらの育てにくい子の特徴を生み出しているのは、人体の器官の中では脳以外には考えられません。

 

つまり、育てにくい子とそうでない子の差は脳の働きの違いということになります。

 

では、なぜ脳の働きが他の多く子どもたちと異なるということが生じてしまうのでしょうか?

 

様々な要因で脳機能に障害をもって生まれてくる子どももいますが、近年になって明らかになってきた問題は脳の栄養不足です。

 

この脳の栄養不足の対策については、以下の本の中で詳しく解説されています。

子どもの「困った」は食事でよくなる (青春新書インテリジェンス)

 

この本によれば「育てにくい子」でも脳の発達に役立つ栄養素を十分に補えば、困った特徴が驚くほど改善するのは珍しいことではないそうです。

 

特に不足しやすい栄養素は、ビタミン・ミネラル・DHAです。いずれも脳神経が活性化し十分に発達するために重要な働きをする栄養素です。
関連記事: ビタミン・ミネラル・DHAが子どもの脳を変える

 

これらを毎日の食事の中で、大量に摂取させることが改善のカギとなります。

 

最強の栄養補給法で戦う

育てにくい子の特徴を改善するために食事療法に取り組むことは、かなり効果の見込める方法です。

 

しかし、実際に進めていくにあたってはいろいろと障害が生じることがあります。たとえば・・・

  • どんな料理をつくればよいか分からない
  • 栄養価の高いメニューを考えるのが大変
  • 忙しくて準備する時間がない
  • つくっても子どもが食べてくれない

こうした理由で最初からあきらめてしまいそうになるかもしれません。

 

ですから最初の一歩としては、親も子も無理なく続けられて、しかも抜群に効果の高い栄養補給法を見つけることが大切です。少しでも効果が感じられれば、さらに続けていくための意欲も湧いてきますし、食事療法のもっと深いところに取り組みたいとさえ思うかもしれません。

 

そこで、まずは以下の2つの方法のどちらか、あるいは両方を試してみられるのはいかがでしょうか?

 

どちらも簡単に始められて、必要な栄養素をたっぷり補給できる方法です。

 

ビタミン・ミネラル補給は野菜ジュースで

特に現代人の食事は、ビタミンやミネラルが極端に不足しやすくなっています。その原因として加工食品が増えたこと、野菜の栄養価が低下したこと、砂糖の摂取量が多いことなどがあげられます。

 

その結果、脂質や糖分などでカロリーはたっぷり摂っているのに栄養失調になっている子どもが多く、これは身体面だけでなく、脳の発達にも影響を与えます。特にビタミンB群、ビタミンC、ミネラルは脳が神経伝達物質を作るときに必須となる栄養素です。

 

これら不足しがちなビタミン・ミネラルを大量に摂取するための一番理想的な方法が、毎日野菜ジュースを飲むことです。

 

最終的には家庭用ジューサーで新鮮な自家製ジュースを作るのが理想ですが、まずは子どもにも飲みやすくて栄養価も高い以下のような野菜ジュースを利用して習慣づくりをしてあげることからスタートしてみましょう。

 

子供用おすすめ青汁その1
野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】

 

子供用おすすめ青汁その2
美味しさと栄養バランスを追求!【こどもフルーツ青汁】

 

DHA補給はサプリで

「魚を食べると頭が良くなる」というフレーズをお聞きになったことがあるかもしれません。これは魚に含まれるDHAという成分が脳神経の発達に関係しているためです。

 

しかし、実際のところはDHAで頭が良くなるというよりも、DHAが不足すると脳の機能が低下するというのが正確なところのようです。

 

子どもの困った言動はしばしば脳機能の低下によって生じやすくなりますから、DHAについても定期的に補給してあげなくてはなりません。
関連記事: ビタミン・ミネラル・DHAが子どもの脳を変える

 

DHAを補給するときの問題点は、この成分を食事で摂取する方法がマグロや青魚を食べることぐらいしかないということです。しかも、1日の必要量がマグロの刺身で9人前とも言われています。

 

つまり、毎日の食事の中で子どもにDHAの必要量を満たしてあげるのは、かなり困難なことなのです。魚嫌いのお子さんならますます不足しやすいことでしょう。

 

そこでDHAの補給については、子どもでも安心して飲めるサプリメントを活用しましょう。これも習慣として続けることが変化を実感することにつながっていきます。

 

↓子ども向けおすすめDHAサプリメント佐藤製薬の「美健知箋EPA&DHA」↓


 

佐藤製薬の美健知箋EPA&DHAのレビューはこちら(別サイトに移動します)